ブレイクダンス初心者が最初に覚えるべき技とは?





ブレイクダンスをビシッと踊れたら、こんなにカッコ良い事もないですよね。友人やクラスメイトだけでなく、気になる女の子にも絶好のアピールとなります。

でも、普通のダンス以上に難易度が高いのがブレイクダンスです。だから、少し運動やダンスに自信がある人でも、「自分には無理かも」と諦めてしまう人もいるでしょう。

でも、その前に基本をきっちり磨いて練習すれば、あなたもブレイクダンスが出来るようになります。まずは、初歩的な技を覚えていき、そして難易度が高い技を目指していきましょう。

スポンサードリンク

初心者向けのブレイクダンスの技は何か?

何事も基本や最初に覚える事があって、その応用が激しくトリッキーなブレイクダンスに繋がります。

だから、初心者は基本的な簡単な技を覚えていきましょう。その代表は以下の通りです。

  • トップロック
  • インディアンステップ
  • スウィーピング

 

上記が、基本的な簡単な技となっているので、それぞれを説明していきます。

トップロック

基本中の基本で、初心者がまず最初にマスターするべきブレイクダンスの技です。両手を大きく広げ、片足を一歩前に出します。同時に即、手を戻し、続いて足も地面を蹴るようにして戻します。

これを交互に、そして速くする事で動きがリズミカルになるのです。ブレイクダンスはハウスやビート系の激しい音楽も特徴なので、そこに合わせる様にトップロックを決める事で、最もブレイクダンス初心者と玄人が線引きされるところでもあります。

これをマスターする事で、最初の難関突破となります。

インディアンステップ

これも同じく、初心者がマスターするべきステップの一つで、インディアンステップと言います。足の動きが特徴となり、上半身はダラけているように見せかけ、下半身の動きが切れ切れとなるのも特徴です。

やり方としては、片足を上げてそこに反対足を素早く入れる動作となります。この事から、別名ツイストと呼ばれます。トップロックとはまた違った足の動きとなりますし、人によってはインディアンステップの方が難しいとされていますが、個人的にはより初心者向けだと思えます。

これも同じく、リズム重視のブレイクダンスなので、しっかり行えば数日で覚える事も可能です。

スウィーピング

トップロックとインディアンステップが両足をメインに使うステップ技なら、スウィーピングは如何にもブレイクダンスだと思わせる事が出来る、初心者が憧れる派手目な技となります。

何よりも座った状態から始まり、アクションも大きいので、インパクトも絶大なのです。やり方は、膝を突き出して座り、両手は後ろで床に付けている感じです。

それで、両足を交互に出していく感じで、その際にはステップの様に蹴るような形で、リズムやテンポを大事にしながら繰り返すのがコツとなります。

このスウィーピングは、見た目で難しそうに感じますが、実はとても簡単な技とされ、初心者でも覚えが良い人なら容易に覚えられるそうです。応用がきくので、アレンジ技として磨くほど光る技でしょう。因みに、ナイナイの岡村さんも得意技の一つとなっているので、テレビなどで観たことがある人も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

初心者でもかっこよく見える技は?

ブレイクダンスとは、派手なアクションが目に付きますが、実は基本となる技の地道なトレーニングや基本を応用する事で派手だと思われるのです。

大きな流れとして、ステップ→フットワーク→フリースとなります。フリーズとは、逆立ちのような派手なもので、最後の大技的なものです。これをいきなり初心者がするのは無謀ですし、流れも分かっていないですよね。

だから、説明してきたトップロック、インディアンステップ、スウィーピングをちょっと披露するだけでも十分にカッコ良く見えるのです。

無暗やたらに多くの技を覚えるのではなく、最初の基本をマスターして出来るようになってから、次の技を習得する方が望ましいです。どれも中途半端だと、ブレイクダンスだけでなく人としてカッコ悪いですよね。

基本的な技でも、そこに自分流のアレンジを加えるとオリジナルになりますし、その速さをアクションなどでも個性を発揮出来るのが、ブレイクダンスの醍醐味なのです。

それでも個性を発揮して、簡単だけど派手に見せたいなら、チェアーマックスなどと呼ばれるフリーズ系の技をマスターして下さい。

これは、側転や逆立ちをブレイクダンス流にしたもので、足技のステップと違い腕の力や背筋やバランス力などが必要となります。ステップなどからの流れで、チェアーやマックスまでもっていくと、そのインパクトは絶大ですし、ますますブレイクダンスの魅力に取りつかれるでしょう。

まとめ

ブレイクダンスは見た目やファッションや音楽が派手な事から、ちょっと誤解されがちですが、そのダンスに限っては地道な努力や訓練があってこその成果なのです。

だから、初心者は派手な大技を直ぐに覚えたがりますが、まずは基本となるステップや腰を落として始めるスウィーピングなどをきちんとマスターするのが重要となります。

ここがブレイクダンスの分かれ道で、これらの地味な事が出来るようになれば、後はオリジナルのアレンジを楽しんでも良いですし、派手な大技にチャレンジしてブレイクダンスをどんどん好きになっていって下さい。

スポンサードリンク




社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です