ダンサー年とったらどうやって生きている?不安を解消するための考え方!

会社員だったら60歳の定年まで同じ職場で働くことは可能です。

ダンサーが輝ける時間はあっという間。
20代が一番動け、30代では引退を考え、40代に引退。

ダンサーの賞味期限はいつかはきます。

好きなことをやってきたダンサーだが、この先どうやって生きていこう。。。

ダンサーが年をとったらどうやって生活しているのだろうか?

今回は、ダンサーが年とったらどうするのか?
第2の人生プランは?

紹介します。

スポンサードリンク

ダンサーの賞味期限

ダンサーの寿命は40代までと言われています。

理由は、体にあります。30代、40代と年齢を重ねていくと体が動かなくなり踊れない体になっていきます。
スポーツ選手が20代や30代という若い内に引退するのと同様です。

  • あれほど練習しても疲れなかったのに、ちょっと動いただけで疲れる。
  • 可動範囲も狭くなる。
  • 動きが鈍くなる。
  • 動きが覚えられない。
  • 怪我が増える。

年をとるとこんな悩みが増えてきます。
日々のトレーニングで運動能力の低下を抑えることはできますが、それも限度があります。

いつかは引退の時がきます。

仕事の面でも

  • 受け持っていたレッスンがなくなる。
  • 生徒さんがつかない。

など、若い時には考えなかった悩みに直面します。

ダンスの世界から身を引こうと思っても

今までで社会人経験がない
探した求人の給料もよくない

これからの手段が見つからないという人は多いのではないでしょうか?

将来のプランを今から考えておくことが必要です。

スポンサードリンク

年とったらの不安解決策

経済面での不安を解決しなければいけません!

ダンサーさんが年をとったらどういう選択肢があるか?

・起業する
・教室経営
・演出や裏方
・飲食店経営

最近は起業ブームです。
会社を辞めて自分で会社をおこす人もいます。

今世の中の不便なところ、もっともっと便利にできることを自分でアイデアをみつけそれを
提供することができれば、起業としては成功できます。

教室経営する人が多いです。
自分のやってきたジャンルで、さらには見てきた経営を活かして自身が経営するというのが多いのではないでしょうか?
ただ、これからそのダンスのジャンルでこれからも伸びしろがあるのか見極めも大事です。

飲食店を経営するという人が多いです。気軽に始められるし、収益を上げやすいから入るのでしょう。
成功する人もいますが、失敗してしまう人も多いリスクがあります。
今の時代、お店があればお客さんが来るという時代は終わっています。
何か、個性があるお店作りをしなければいけません。

スポンサードリンク

 

今のうちから考えておく!

働けるうちに先のことも考えていった方がいいです。
引退間際に追い込まれてから考えてもうまくいく方法が見つかるわけはないです。

 

ダンスだけで今現在、儲けを上げる方法はたくさんあります。

  • せどり
  • ブログ収益
  • 動画収益
  • 不動産投資
  • 株投資

大衆マーケティング的な儲けのセミナーもあります。
怪しい儲けの話もあります。

 

それが本当に大丈夫なのか?自分で見極めなければいけません。
それは商売の本質を見極めなければいけません。

 

どんな形でも稼ぐ方法はできますが、将来稼げるという保証はありません。
ただ、どんな時代が来るにしても、本質を見極め自分にスキルを身につけましょう!

 

今では、動画配信「YouTube」もあります。
何歳でも配信し、視聴してもらうことができます。視聴数が増えれば収入が得られます。
新しい働き方の選択肢としてもいいかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

社交ダンスのリズム練習法!~誰でも簡単に踊れるようになる~


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、1日10分の自宅練習でどこに行っても恥ずかしくないレベルに達することができるようになります。

ほとんどの指導者がすっ飛ばしてしまっている、本当は一番最初に身につけなくてはならない社交ダンスの秘密を伝授します。

    社交ダンスを始めたい!
    始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です