ダンサーが不動産投資ってできるの?メリットとデメリットとは?

ダンサーが不動産投資と言うと、利益を溜めこんだ結果としてその投資を行っているような雰囲気に聞こえますが、節税対策と言う観点からすると、割にあう感はあるのです。

会社員とは違い、ローンを組み立てるのダンサーは難しいです。

今回は、ダンサーでも不動産投資ができるのか?メリットとデメリットについて紹介します。

スポンサードリンク

ダンサーのような自営でも不動産投資はできる?

ダンサーと言う、自営では、不確定な収入の為に、与信という事を考えれば、個人的な社会的な優遇は、あまりないと言えます。なので、個人名で借りる金融関連も乏しかったりする話です。そこは、一般社会人の会社員には負けています。
ただし、ある程度まとまった手持ち金があれば、不動産収入を得るというかたちで、不動産投資に向かう事も、立派な仕事のひとつと言えます。
不動産投資を全額現金でするような人は全くいないと言ってもいいです。個人名では。なので、不動産投資の業者に聞けばわかるのですが、ローンを組んで不動産投資をして、節税と、月当たりのいくばくかの資金を生活費に充てようとする試みは可能です。

不動産投資するためには?

お金を借りるための銀行の選び方

不動産投資に置いて、その融資とセットで組んでいる不動産業者はある程度あります。ですので、ある程度の知名度があったりすれば、その不動産の全額の費用はなくても、残りの文はローンとセットでと組むことは可能になります。
その目的は、月々の収入の足しにという分になるので、この意味での不動産投資は転売をして転がすという意味ではありません。

どんな不動産

不動産としては、小規模マンションが多くあります。そして、一般会社員や、公務員の対象として新築マンションのオーナーへの誘いが不動産業者からあったとしても、ダンサーぐらいであれば、やはり中古マンションのオーナーになるという仕組みがあるのです。これは、中古マンションの一室の意味であったり、別のマンションの一室であったり、そういった感じです。

マンション一棟となると、それは会社経営をしているくらいの人になるので、マンションの一室のオーナーとして家賃収入のいくらかぐらいを自分に充てることになります。そして、中古マンションとは言っても、新築からそれほど経年変化のないものになれば、割安で購入できるはなしになります。この辺りは、専門家に聞いてみたりすると良いです。

仲介業者の選び方

仲介業者の選び方は、やはり相手は営業で仕事をしていますので、その仲介業者の利益が欲しくて仕事をしています。ですが、あまりに買ってくれと言われるあまり、下調べも充分でないのなら、騙されて購入してしまう恐れがあります。

これは、詐欺商法にも近い側面がありますので、もし騙されたと思っていたら、警察にでも連絡しましょう。
なので、良い仲介業者とは、その不動産業者のもうけを露骨に言ってこない営業方のところです。ただし、儲けたいという思いは、業者は包み隠していますので、その辺の交渉力によって、相手の業者の性質を見抜く技術が必要になります。
この世渡りに近い、眼力をもって、交渉に臨んでください。

スポンサードリンク

メリットとデメリット

こういった、ローンを組んでの不動産投資は、実際月々に微々たるものしか入ってこないケースがほとんどです。なので、割に合うか合わないかの観点で考えると、そこは、節税対策という方面での話なのです。
これは、会社員クラスの人にも、はなしがたまにあったりするのですが、個人資産をもっている人に対しては、その資産の節税と言う意味を込めて、こういった不動産投資の持ちかけが来たりします。

そこは、業者ですので、その不動産の顧客が取る分と、自分たちの仲介手数料との間で、またせめぎあいがある話です。そのせめぎあいの中で、取引上顧客の方が有利であると判断できる場合ならば、ローンを組んでの不動産オーナーになる手段は有効です。
これは、ダンサーが不動産投資と言う意味についての説明です。
でも、やはりダンサーの知名度があれば、ぐっと不動産業界とは親しくなれます。

まとめ

不動産投資によって、不動産オーナーになるという取引は仲介業者から見れば、上手に値します。それは、不動産仲介業者に払う金額ではなく、仲介業者は手数料を取っているだけに過ぎないのです。
そして、その仲介手数料と込みで、管理運営費用を代行している不動産業者もあるのです。

その、不動産管理と言うビルディング管理術の方面まで、詳しければ、オーナーになれるかなれないかは、やはり不動産営業担当より見られる点があります。
ダンサーとして、不動産のオーナーになるというのは、日々の暮らしのいくばくかの助けにという意味になりますが、失敗するおそれのあることも自覚することが必要です。仲介業者が詐欺まがいであったケースや、もし、家賃収入の意味が通らないことがあるとすれば、それは、仲介業者が責任を取ってくれるかどうかは解りません。
なので、オーナーになるというのは、責任のある事ですし、またそれを融資で投資するには、危険な橋渡である事実の認識も必要になります。

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です