社交ダンサーの確定申告!ふるさと納税を使いこなそう!

ダンサーは、自営業者。

自分で税金申告を行い、納税しなければいけません。

とても面倒。自身の確定申告をネット上で済ませしてしまうこともできます。

↓確定申告の便利なサイトはこちら↓

白色、青色申告もすべてネットで完結「弥生シリーズ」



 

でも、経費を計上できることもサラリーマンとは違って大きいし、

 

確定拠出年金をたくさん積み立てることもできます。

自営業者ならではメリットはたくさんあります。

 

うまく税金とつきあっていくために僕は、ふるさと納税も使っています。

スポンサードリンク

ふるさと納税を使いこなそう

ふるさと納税とは、市町村に寄付を行い、その寄付金額が税金控除(2000円は自己負担)してくれる仕組み。

さらに、寄付を行った市町村から返礼品が送られてくる。

返礼品は市町村によって異なり、

肉や魚、地元の名産品など様々。

 

年間控除してくれる限度が決まっており、目安となるのは、総務省のHPに乗っています。

独身者で年収500万なら61,000円まで。

2000円は自己負担なので、59000円が税金控除されます。

草津大好き人間のふるさと納税

僕は、草津にいくことが多いので、草津にふるさと納税をしています。

草津は、30000円を寄付をすると9000円分の草津感謝券がもらえます。

草津感謝券は、ホテル、旅館、お土産など草津地域のお店ではほとんど使えます。

宿泊費などは、草津感謝券で支払っています。

 

金券に近いですね。

 

先ほどの61000円を納税した場合は、59000円が控除。

2000円は自己負担ですが、その分、18000円分の草津感謝券が送られてくるわけです。

 

かなりお得。

ただ、金券に近いもので国からは訂正を求められているとか・・・
草津市長は抵抗していますが、もしかしたら数年後はなくなっているかもしれません。

草津大好きな僕にとっては大打撃です!

このまま続いてほしいですが。

ふるさと納税を実際にしてみよう

ふるさと納税は、市町村によって全然返礼品が違うのでいろんな市町村を見てみると面白いです。

料理をしないので、うちは食品が送られてきても困りますが、料理が好きな方は、肉などもいいかもしれません。

2017年度の税金の申告分は12月までなので、それまでにふるさと納税しておきましょう!

ふるさと納税って手続きが面倒そうと思いがちですが大したことありません。

ふるさと納税をするにあたって、このふるさと納税.comのサイトが便利。

寄付する市町村を選び、金額を入力。

自身の情報(名前、住所など)を入力し、あとは支払い(クレジットカードなど)を澄ませば、

市町村から返礼品と、ふるさと納税証明書が送られてきます。

ふるさと納税証明書は、確定申告の時に必要になりますので保管しておきましょう!

ダンサーで生きていくためには、ふるさと納税という仕組みをうまく使って税金とうまく付き合っていきましょう!

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です