ダンサーが怪我で働けなくなるリスクに備えて知っておくべきこと!

ダンサーは自営です。そのため自分が働けなくなったら収入が0になります。とてもリスクがある職業です。

サラリーマン以上に怪我や病気になった時に備えて準備しておかなくてはいけません。
今回は、ダンサーが働けなくなったらについて紹介します。

スポンサードリンク

働けなくなった場合、国からの補助はある?

ダンサーは、それで収入を得ているのなら、フリーランスとしての営業で、自営扱いになります。そのため、その取引環境にも依りますが、ダンスを専業としてた場合、他の仕事に就いていなかったとすれば、仕事の苦境時に生活苦に陥ります。

そして、自営の営業の傾きが、その事業の存在を危うくした場合に、どこに頼ればよいのか分からないでしょう。
なので、本来であるなら、副業をしっかりと持って、本業を守らなくてはならない自営です。ただし言うに言われぬ事情の為に、たとえば、病気・怪我などで、入院するなど、本業としても副業としても営業できなくなれば、大変です。

つまり、副業を持っておくことはリスク軽減につながります。

国からの援助はありません!

その時であるなら、なにかの手当金がと思うかもしれません。それは、皆無と言っていいくらいに無いです。
雇用保険の失業手当があるなら、まだよいですが、副業を正式にやっている時点では、それもあえて難しさを伴います。
なので、完全失業であるのなら、その副業としての雇用保険に入っておくべきだったと言えるでしょう。

働けなくなった場合を見据えて備えておくべきこととは?

働けなくなったケースでは、やはり貯金がある事が何かの支えかもしれません。ただし、ダンサーであっても、自営の事業を投資から始めた場合、銀行からの借入金があったとしたら、たまったものではありません。

なので、とりあえずの手立てとして、自営の事業資金には、借入金を許しても、一切生活費への工面をそこから引き出さないという手法が望まれます。これは事前予防になり、生活を安定に導く方法と、そして、もし資産抑えなどがあったときに、法的措置では有利になる可能性があります。
要するに、副業の方で、生活を稼ぎつつ、本業にしがみつくようなかたちになります。

なので、事前準備して対策することは、副業でご飯代を稼ぎつつ、本業の売り上げを伸ばすことに専念しなくてはなりません。
ダンサーぐらいのアーティスティックな仕事は、個人営業ですが、それでも、受注をきちんと受けるために、生活費は自分の他の労働でも工面し、いくらかでも貯金を持っておくことが対策になります。

スポンサードリンク

自営がダメになっても働ける仕事とは?

自営がだめになる事情は避けたいものになります。それでも、自営をたたまなくてはいけないときが来るとしたら、勇気をもって、辞退しましょう。
ただし、ダンサーであるのなら、体力は十分です。なので、肉体労働をいくらやっても、一般人よりは大丈夫な事を理由に、就職しましょう。
肉体労働と言うのは、基本的に資格を必要としません。資格は自動車系の免許で充分です。なので、体力とその健康な肉体のあるダンサーであるなら、すぐに就職先は見つかるでしょう。

ダンスは、身体の運動の基本をマスターすることと同意義なので、あらゆる肉体労働にフィットします。
なので、なにも、憂鬱になる必要はなく、いつでも、どこかに就職しようかと言う風に、気軽に生きてください。
ただし、アーティスティックな性格上、本業を捨てきれないという思惑も働くはずです。それでもプライドを捨てて、一般労働者の仲間入りを果たせば、家族も納得します。

他の技能職の場合、時代とともにその資格の意味が薄れたり、つかえなくなる昔の知識と言うものがありますが、肉体運動を盛んにしているダンサーであるなら、いくらでも、仕事はあるでしょう。そして、もし仮に不景気になったとしても、肉体労働を苦に思わない性格と、健康さがあれば、職に詰まる事はありません。

副業はどんなのがある?

副業は自宅やネットでできるものもあります。

  • クラウドワークス
  • 株式投資
  • FX
  • 不動産投資
  • ネットビジネス

などです。
空いた時間にできるもので自分にあった副業をみつけましょう!

まとめ

自営の人が働けなくなった場合として、フリーランスのダンサーの話ですが、これは、個人営業でなくても、経営関連を扱う人たちに、同じ話が適用できます。
肉体労働と言うのは労働の基本です。その上でのデスクワークがある訳で、机の前で遊んでいれば、それが廃業をもたらすことだという戒めに近い話もあります。
たしかに、誰も助けてくれない状況は、涙の出るすさまじい状態ではあります。
その際、なにかネックになっていることがあれば、捨てきって、その上で、あたらしい生き方として、就職しましょう。

あえて、他からお金が入ってくればと言う、なまじっかの考え方が事業を乏しくさせたのかもしれません。
そして、公的なお金と言うものは、人助けに出るものではないので、頼る事は、一般的に言ってタブーです。
もともと、自営をやろうとして、その力量があるくらいの人であれば、社会通念はきちんと持ってる方だと思われますので、そのコモンセンスがあれば、どこでも働くことはできるでしょう。

あえて言うと、自営中に仕事や依頼が入ってこない状態が続けば、勉強や、資格取りに一生懸命になると良いです。これは、自分を守る社会的な砦になります。
他の業種の資格を取っておけば、くいっぱぐれる心配はないという話です。
また、他の業種を知っておけば、本業のダンスの営業にもなにかに活かせるはずになります。

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です