自由に生きるためには?4つの苦しみから解放される方法とは?

 

何にも縛られずに自由に生きたい!と思うのは普通の事です。

苦しむ内容は人それぞれ。

お金がない。
時間がない
人が嫌い。

生きていくためには、人と会わなければいけませんし、働かなければいけません。

自由にやりたいことをするなんて、無謀なこと。
僕たちはそんな風に教育されてきました。

 

でも本当にそうでしょうか?

 

昔も今も、自由に生きたいという欲求は当たり前です。

自由に生きるためにはどうしたらいいのか?

今回は、自由に生きていくための方法を紹介します!

スポンサードリンク

自由に生きるとは?

 

 

自由の意味も人それぞれことなります。

何から解放されたいかによるわけです。

会社からなのか、時間から、お金から、人間関係から。

会社が嫌ならやめればいい。
時間に縛られたくなければフリーになればいい。
お金に縛られたくなければ、お金がいらない場所に住めばいい。
人間関係が嫌なら、無人島に住めばいい。

自由に生きることはシンプルです。

あとは、どう実践していくかです。

具体的にどうやって行けばいいのか紹介します。

 

[お金から解放される]

お金はどんな場面でも必要になってきます。
お金がないから、稼ぎたいから人は色んな悩みを抱えるわけです。

お金に縛れて生きていかなくてはいけなくなっているのです。
このお金から解放される方法とは?

お金が必要ない生き方

お金があまり使わず生きていく方法は、自給自足の生活があります。
地方に移り住み、お金があまり必要としなくても生きていくことが可能です。

 

お金を十分貯める

仕事をしてお金を稼ぎ、副業をしてさらに稼ぐ。
夫婦で一緒にため、支出を切り詰める。

そして、運用し安定した収入を得る。

お金はある程度まとまった額があれば、投資などで収入を得ることができます。
100万200万を投資しても、お小遣い程度ですが。。

若いうちに一生懸命はたき、運用しながらお金の苦しみから解放するという方法もあります。

そのためには、資金運用の勉強は必要です。
お金に縛られたくなければ、お金について徹底的に勉強する必要があります。

[時間から解放される]

1日24時間というのは、誰もが一緒です。
その貴重な時間をどう使うかが大事です。

 

でも削っていけないのが睡眠と休息です。
これは、人間が生きていくために必要なものなので、これを削ってまで時間を捻出する必要はありません。

優先順位を決める。
あれもこれもやりたいのはわかりますが、
どこに時間を費やすのか配分は決めたほうがいいです。

ある程度、人に任せられるのであれば、任せちゃう方法も考えましょう!

僕も、ホームページ作成をするときはクラウドワークスで外注さんを頼んでいます。
そうすれば時間短縮につながります。

自分がやらなければいけないこと、人に任せたほうがいいことを決めましょう!

[会社から解放される]

ブラック企業という言葉が流行っています。労働者には、とても働きづらい環境なのかもしれません。
一生懸命働いても、給料に反映されない。
上司には毎日怒られる。

辛いかもしれません。

そこでなぜ居続けなければいけないのか?
考えてみましょう!

キャリアアップ、スキルアップなどの目的があるならそれを達成するまで頑張りあとは、
辞めてしまうのも選択肢としたあります。

フリーで活動したり、転職したりすることも今の時代可能です。

以前のように60歳まで同じ職場で働く可能性は低いです。

会社にいなければいけない!
と思われていますが、フリーや起業することも働き方としてはいいのではないでしょうか?

僕も5年勤めていた職場を辞めました。不安でしたが、一歩踏み出したことで時間もお金も余裕が出てきました。
何より、先輩後輩、上司部下の関係がなくなったのがうれしかったですね。

もちろん、フリーの世界でも人間関係はありますし、付き合わなければいけないこともたくさんあります。
でも、フリーの場合は、自分で付き合う人間を選べること。

会社から縛れず働きましょう!

 

[他人から解放される]

自分にないものを他人が持っていると羨ましいものです。
そこで他人を羨ましがり、自分を悲観する必要はありません。

自分は自分と割り切る必要があります。
自分の価値観というものをもち、これから自分にとって何が必要なのか?
どんな経験が足りないのか?
考えていかなければいけません。

他人の意見を参考にするのはいいですが、振り回されてはいけません。
それも自分の価値観に照らし合わせて、必要なことなのか?
判断しましょう!

スポンサードリンク

 

[自由とは自己責任]

自由は、周りから解放され気分がいいものです。

ただ、自由な生き方=自分で責任を持つことになります。

会社にいたら、会社が守ってくれたかもしれません。
国からも守ってくれます。

 

でも、自由に生きるということは、自分自身で責任をとるということです。

自由に生きると決めたほうが、楽じゃないかもしれません。

 

会社に行かなくていい!

 

今では、在宅で稼ぐことも可能です。
パソコン1台で稼ぐクラウドワークスが人気です。

会社から個人に仕事が依頼される時代が来ています。
パソコンスキルがあれば、家で仕事ができるのです。

東京にいる必要はありません。パソコンとネット環境が整っている場所であればいいのです。

人間関係や時間に縛られる必要もありません。

働き方の自由は手に入りやすくなっています。

まとめ

自由に生きるためには、今までよりも深く学ばなければいけないことが出てきます。
お金のこと、本質のこと、人のこと。

判断を下すのは自分、責任をとるのも自分です。

そのかわり、自由な生き方ができるわけです。

今、テレビである男に密着している番組をみています。

高校中退。トラック運転手、今はテレビ制作のディレクター。
普通、高校中退なんて考えられませんよね!

でも彼は、家賃10万の家に住み、昼間からお酒を飲んでいる。
何より、彼は、楽しそう。

インタビュー中ずっと笑っているし、過去のつらい話だって笑って話している。
学歴がなくても、自分やりたいことを探し、そして学び、自由に生きている。

インタビューの答えからは、学歴が関係ないんだと感じました。
つらいこともたくさんあったのだろうけど、、、

 

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!~誰でも簡単に踊れるようになる~


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、1日10分の自宅練習でどこに行っても恥ずかしくないレベルに達することができるようになります。

ほとんどの指導者がすっ飛ばしてしまっている、本当は一番最初に身につけなくてはならない社交ダンスの秘密を伝授します。

    社交ダンスを始めたい!
    始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です