地獄!35年住宅ローンの罠とは・・・家を買ってはいけない?




結婚して1年が立つが、周りのママさんから言われることは、
「家を買わないの?」

義理の父からも
「家を買わないのか?」

どんだけ、家を買わせたいのだろうか。

周りは住宅地で、持ち家がほとんど。
おそらく住宅ローンで支払っているのだろう。

それも35年ローン。

僕が家を買わない理由は「リスクが高い」から。

ダンサーという職業のため、先々のことを考えても35年という長期にわたって払っていくことが不安。

ということで、賃貸で行くと決めている。

銀行がお金を貸してくれないからではない!

将来のビジョンとしては、今は、賃貸で過ごし、将来子どもが家を出ていったときに、夫婦2人で過ごせる、中古住宅でも買おうかと思っている。

2人暮らしの中古なら結構安く売りだされている。

資産運用の勉強をしていると必ず、住宅ローンについて書かれている。

そして、本によっては持ち家がいいという人と、賃貸でいいという人がいる。
これは立場によって異ならう考え方なので、僕は、賃貸を支持しているというスタンスだ。

でも、この話をすると周りのママさんからは冷たい目を受ける。
「そういう考えの人嫌いなんだよねー」

友達からも
「変な考え」

賃貸という考えが少数だということがわかる。

そこで、今回は住宅ローンについて調べてみたことを紹介します。

スポンサードリンク

住宅ローンの罠とは?

簡単に住宅ローンが借りられるからといって安心してはいけない!
巧妙な罠が仕掛けられるているかもしれません1

月々の支払額が賃貸と住宅ローンが一緒なら家を買った方がいい?

家賃を支払い続けるなら、資産になる住宅を買った方がいい!

と聞いたことがあるのではないでしょうか?

僕も、これをよく聞きます。

確かに、35年後は自分の家を手に入れ、土地を手に入れることができます。
一国の主になれるわけです。

 

そこで考えなければいけないことは

 

罠1.本当に賃貸と月々同じ支払い額?
罠2.35年後も、税金は払っていく
罠3.修繕費は払う

罠1、月々の負担額が同じといっても本当に同じでしょうか?

ボーナス払いを忘れていませんか?
ボーナス月は数%支払わなければいけないことが普通です。

ということは、実際の月々の支払額は賃貸より高い。

さらに、35年ローンは利息額も半端じゃなく高い。

 

月々支払い額が賃貸と同額のように見せているだけ。

 

25年ローンで行えば、月々の支払い額は高くなるし、35年ローンは安くなるのは当然。

だけど、総支払額は、25年ローンのほうが安くなる。

それは利息があるから。
ローンが長ければ長いほど、総支払額は多くなるのです。

スポンサードリンク

2.税金は支払っていく

固定資産税は、ローンが支払った後も払っていきます。

固定資産税は土地と建物の評価額に1.4%をかけた金額。

市町村によっても変わってきます。

ローンが終わっても支払うお金はあるわけです。
賃貸であれば税金関係は払う必要がありません。

住宅ローン減税があるといいますが、その減税された金額は大体家の購入金額にかかる消費税ぐらい。

元々賃貸の方には、消費税がかかっていませんから、減税あろうがなかろうが一緒です。

3.修繕費

家も長年使っていけば治すところがでてきます。

水回り、壁、外壁など数百万かかったりしますので、ローンで支払った金額に+されていきます。

賃貸であれば、基本は必要がありません。もちろん自分で壊したものは直さないといけませんが。

マンションであれば、管理費も必要です。

このように、マイホームを購入してローンが支払い終わっても、お金を支払い続けていくわけです。

比較すると長年同じ場所で住むことを考えると、自由度がきかない分、
賃貸のほうがいいと考えています。

住宅ローンで買ってもいい場合もある!

例外もある。

歴史的に日本人は不動産をもちたいという願望が根付いています。

それは、日本の土地は限られていることと、自由に土地を売買できるようになったのがわりと歴史からみて新しいからです。
以前は、土地の売買は許されておらず、管理されていた土地に住んでたり農作業をしていた。

 

高度経済成長には、不動産価格は上昇しており、土地神話がありました。
だから、土地をもつことがいい!という考えが根付いているのでしょう!

ただ、現在は、不動産を買っても上がることよりも下がることの方が多いです。
家も供給の数が多いわりに、家を買う人が少ないため、価格は下がります。

でも僕もマイホームを買うのであれば買おうとしてる家がこれから上昇していく!ということが予測できる時に買おうと思います。

買うとしたら
・人気が出そうな場所
・頭金を減らして、借入額を減らす
・短い期間で返済して利息負担を減らす

米では以下の考えが根付いています。

・土地価格は永遠に上がらない (マーケットに左右)
・収益性などを配慮

以上の事から僕としては日本人のマイホームを持つこと考えは古いと思い、賃貸という考えに至りました。

資産運用の本や雑誌にはこのようなことが書いてありますので、ぜひ読んでみて勉強してみましょう!

スポンサードリンク

 



社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です