レンタルスタジオの需要はどれくらいあるの?資格は必要?

レンタルスタジオの需要は、どのくらいあるか。これは、好景気に左右される事業になります。

レンタルスタジオとは、音楽・ダンスにおけるものが主流ですが、たとえて言うなら、ボーリングの類もスタジオと呼べるのです。きれいなフロアーに、ライティングがされ、電気代と、清掃費用が工面できれば、営業は可能です。

つまり、ボーリング場関連では土地が大規模になるので、土地借用の代金は必要になりますが、立地としては、郊外にあります。それに反して、レンタルスタジオは、郊内にあり、テナント料として、都市部の賃貸金額、そのほかは、ほぼボーリング場の意味と同じです。レンタルテナントさえ手に入れば、ある程度つぶれにくい事業と言えます。このことに関しては、音楽産業の隆盛や、はやりのポイントもあるのですが、景気の動向をみて、スタジオ需要・経営の判断はできるはずになります。

スポンサードリンク

市場規模は?

市場規模としては、レンタルスタジオは、主にアマチュアが使用します。よく音楽産業ではメジャーデビューした人たちが取沙汰されますが、アマチュアの愛好家が多くいてのことですし、インディーズを目指すセミプロの方もおおくいるでしょう。なので、音楽産業が輝いて見える時は、楽器産業や楽譜産業が付随して大きくなるのです。

なので、レンタルスタジオは主に、アマチュア向け、しかも、通常社会人をしている方の趣味と共用の場としての認識で充分です。要するに、社会人が会社の中でうまく生活していれば、その需要と、市場規模はあります。

どんな人が利用している?

レンタルスタジオは、披露する場とは違います。ですので、練習する場所、録音・録画する場所。

デモを制作するスペースになります。デモテープ系、デモ録画というのは、ある意味、プロにあこがれ、プロのような仕事をしてみたくて、アマチュアやセミプロの方が、たしなむプレイング法になります。
ですので、その類の人たちがきれいに使用できて、社交的にもぐっとくるものであれば、見込み客としての層はあります。
また、趣味の領域では、年配の方が昔を思い出してというような場合に、ある程度の資金の基に、レンタルスタジオを利用することがあるでしょう。これは、懐古趣味というより、昔そうだったけれども、今、前と同じことをやっているという、層のものです。

スポンサードリンク

開業申請や資格は必要ある?

開業申請は、必要です。これは、株式会社形態にするなら、もちろん株式会社の登記が必要です。そして、共同経営になれば、その共同の枠の中の事業形態名での、登記が税務署にされます。
個人で経営するとは言っても、実質、設備の初期投資や電気代に関して、税金処理が必要になるので、実はそちらの方が、経費的に楽かもしれません。

もちろん、レンタルスタジオ経営で個人名に貸し出す銀行はないとおもいます。
ただし、景気の動向を踏まえる上と、立地条件に対する、需要・供給ラインは、やはり必須の考え方です。
資格に関しては、それぞの考え方がありますが、多少音楽に詳しい、ダンスをかじったことがあるという段階では、設備の組み方にアイデアがあるので、来場者のカウンターアクセスも容易となります。
資格が必要になるのは、もしそこで、飲食を出したり、アルコールがあった場合など、飲食店の登記や資格は必要です。
ウォーターサーバー程度では、ほとんど資格は要らないでしょう。
テナントの取りやすさに関して言えば、宅地系の不動産経歴があれば充分です。

まとめ

レンタルスタジオに関して言えば、テナント費をテナントオーナーに払っておけば、事業は続く形になります。備品を随時供給する必要もなく、機材はミュージシャンやダンサーが持ってきて対応するからです。
そして、電気代に関しても、払える程度のボルト数であれば、問題ありません。
掃除業者を雇わなければ、また省スペースであれば、自身で掃除を担当することもできますし、時間に余裕があり、仕事を退職したひとで、手持ちに余裕があれば、喫茶店よりも、維持費は助かる構造です。

テナントの二重貸のイメージがありますので、不動産関連者に使用法の転用に関して、書面を通しておけば、問題ないでしょう。
ただし、内装を初期のころに準備するのには、床のタイルや、防音壁の設備投資に多少事業投資金はかかります。
駐車場を完備した郊外・幹線沿いにするか、もしくは車を所有しない若年者を対象にするか、テナントの高くても、レンタル費用を高めに設定した都市部であるとか、経営の利潤のための計算も必要です。

運営に関しては、普通の接客ができれば、十分対応できるので、アルバイトを雇うなどの、雇用関係で済みます。
また、24時間経営でも、深夜当たりの料金の割安などで、集客することは可能になります。
音楽機材の持ち込みOKという表示だけで、音楽専門家たちは、喜んで使用するでしょう。

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です