ダンス初心者でも踊りを完コピする方法!踊りやすい曲とは?

憧れのダンスを完コピをするために、どのような手順を踏めばいいのか、初心者の方は苦手意識が先行し、はじめの一歩も踏み出せずに停滞してしまいがちです。
無の状態から確実に結果を出すために何をすれば良いのか、専門用語を知らなくても今すぐ始められることをご紹介します。

スポンサードリンク

ダンス初心者でも完コピする方法

基礎体力作り

ダンスのステップを正しくキープするには、それを支える体力が不可欠です。
どんなにダンスのセンスがあっても、体力がその足を引っ張っていては、完コピなどできませんし、地面を強く踏み込むステップを行う際には、足や腰に大きな負荷がかかりますので、クールなキレを見せたいのであれば尚更、筋力と持久力を備えるためのトレーニングを始めましょう。

基本となるステップを体に覚えさせる

ダンスには基本となるステップがありますので、それを覚えておくと、それらの応用でほとんどのダンスが成り立っていることがわかり、新しく触れるダンスでも覚えやすくなります。
例えば、若い人を中心に近年のダンスブームの火付け役になっているヒップホップで言えば、ボックス、クラブ、ランニングマン、ポップコーンという4つの大きな軸がありますので、まずはここからダンスに触れてみましょう。

初心者でも記憶に残ったパートからマスターしていく

基本のステップが身についてきたら、いよいよ覚えたいダンスに取り掛かるわけですが、曲の頭から順番に覚える必要はありません。
コピーしたいと思ったからには、「これをやってみたい」と記憶に残ったパートがあるはずですので、そのパートから覚え始めても構いません。
好きこそ物の上手なれと言いますし、メインディッシュから先に食べちゃいたい人にとっては、そうした方が効率よく覚えられますので、自分が最も楽しめるパートから順に覚えていきましょう。

スポンサードリンク

 完コピするコツ

覚えたいダンスの振り付けを正しく覚える

完コピしたいダンスがある時、踊ることばかりに意識が傾きがちですが、それ以前に覚えたいダンスの振り付けを正しく把握することが先決です。
何かおかしいと感じさせる人のダンスは、踊れていないわけではなく、元ネタとなるダンスを微妙に間違って覚えてることが原因となっている場合もありますので、音に対し体の重心がどこにあるのかや、腕や足を動かす際の角度を注意深く確認しましょう。

8カウントを意識して覚える

ダンスの世界には、ワンエイト、またはエイトビートと称される振り付けを体に刻み込みやすい音の体感法があり、それは1小節を8つのリズムで刻むことで、複雑なダンスも個々に切り離して覚えやすくする方法です。
これを意識するかしないかで、覚えやすさは大きく変わってきますので、早い段階でこのリズムの取り方をマスターしましょう。

ダンスのポイントを言葉で発しながら踊る

これはダンスのイメージを自分なりの言葉に変換する方法で、例えば、シュッ、パッ、トントン、パ、くるっと回ってダンダンダン、といったように、自分が覚えやすい音に変換し、それを口に出しながら踊ってみる方法です。
言葉で発することでより覚えやすくなりますし、慣れてきたらそれを頭の中で発するようにすれば、誰にも気づかれることはありません。

反復練習で脳に叩き込む

泥臭い表現になってしまいますが、結局のところ、反復の数をこなすことに勝る上達法はありません。上手い人ほど練習量が多いのは紛れもない事実ですし、上達しない人ほどコツを聞きたがるのはよくあることです。
ダンスをマスターするには頭ではなく体に覚えさせるのが不可欠ですので、そのための反復練習で流した汗は決して裏切りません。

ダンス初心者でも踊りやすい曲

ダンス初心者でも踊りやすい曲とは、ワンエイトを体感しやすいリズムがはっきりと聞き取れ、転調などもなく、一定のリズムでステップを踏める曲です。

例を挙げれば、TLCのCREEPはゆったりとしたリズムで初心者にも優しいですし、JANET JACKSONのRHYTHM NATIONは、安室奈美絵さんがダンスの魅力に開眼した曲ですので、同じように感化される人もいるでしょう。
また、ノリノリで激しいステップを踏みたいなら、BEYONCEのCRAZY IN LOVEはうってつけですし、

JAMIROQUAI のVIRTUAL INSANITYはジャジーな雰囲気もあり、クールな雰囲気で気持ちよくなれます。
また、往年のダンスのリズムを現代に蘇らせたDAFT PUNKのONE MORE TIMEや、MAROON 5のSUGARなども初心者にお勧めできる楽曲です。

まとめ

ダンス未経験者でも始めてみようとイメージできる視点から、完コピする方法をまとめてみました。
どんなに優れたダンサーもこうした始めの一歩から始まったことや、楽しむことが最大の原動力となることを忘れずに、初心者らしからぬ完コピをマスターし、周囲の友達を驚かせましょう。

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です