ダンサーはクレジットカードを作れない?審査が厳しくないのは?




ダンサーと言うと、かっこいいイメージがあるかもしれません。しかし、その経営と生計を同時にこなすというのは、結構大変なことになります。
全ての企業の経営者や、個人営業としてのフリーランスも、この経営と生計の間で奔走しているのです。かえって、社員クラスであって、月給がきちんと下りてくることほど、クレジットの審査が通りやすいことはありません。
決まった定額の給与の中から、支払いに回せることと、そしてその経歴をまもっていることが、信用としての良好な印です。

ですので、クレジットの信用自体が下りない、経営者や、フリーランスの人であったとしても、難易度を落とせば、それなりの、カードは持てるのです。
また、事業資金として、企業からの借り入れの場合であったとしても、その借入金と、個人の生計をしっかりと分けた考えであるのなら、むずかしいと言われる、ダンサーのようなフリーランサーの信用度は上がる事はあります。
これは、知名度と言う問題とは別に、生計を営むことをどのように捉えているか、実際、支払関連に関してその信用を守っているか。というような、いわば人間としての生き方の問題にもなっています。

ここでは、フリーランサー・経営者が、その立場上の不利な事の内容ではなく、いかに、一般人と同じような処遇を社会から受ける事ができるかについてのはなしです。

ダンサーのような自営はクレジットカードをつくるのが難しい

もともと、自営業、フリーランスとしての業類は、個人的な審査のひつようとなる信用系クレジットカードを取得するのはむずかしいと言われます。
これは、経営者としても同じことで、経営者自身の資質と言うよりも、事業的責任と、その倒産の恐れ・その後処理の将来的観測をもとに、クレジット個人信用は下りにくいのです。この信用と言うのは、個人に対する生計の信用と言うかたちで、事業への信用の無さと言う意味ではありません。現に、自営でされているダンサーが事業用の資金を借りようとおもえば、銀行の期待と信用が通れば、借りる事は可能です。

フリーランスとしての小規模経営であってもそれは、同じで、単価の高いものを時折売ったとしても、それが、社員クラスでないから、クレジットの使用権が下りないという事ではなく、経営者が母体がいくら安定していても、経営の責任をかぶる以上は、個人的な資産と生計の危うさをいつも控えている状態として審査されます。

ダンサーでも作りやすいおすすめのクレジットカード

審査が厳しくないクレジットカード

楽天カード

他のクレジットカードに比べて、審査が厳しくありません。ですので、個人事業主でもわりとクレジットカードを作りやすいようです。
↓お申し込みはこちら↓

電子マネーに切り替える

電子マネーは、クレジットカードとは違いますが、その保管資金として現金を自己資金で投入するれば、クレジットカードと同じような使用法が可能です。
これは、電子マネーの専用機のあるレジに限られたものになります。

プリペイド式ショッピング系クレジットカード

プリペイド式ショッピング系クレジットカードと言うのは、大手ショッピングモールのネット関連の専用カードがそれに該当します。
よく、音楽関連での販売網もありますが、ショッピング専用カードは現金で購入がかのうです。

端末関係クレジットカード

端末系クレジットカードは、携帯電話などのセットとしての販売のされるクレジットカードになります。これにも、審査が必要です。そして、クレジットの信用の必要なものもありますが、あえてランクダウンした形の、プリペイド型クレジットカードと言うものも出ています。

まとめ

フリーランサーと言うのは、税金を自営というかたちで納める人たちの事を言います。事業規模としては、小規模や家族経営で、仕事を依頼される人たちの事です。
この類には、音楽家・芸術家・意匠家といった、特殊技能の人たちが含まれます。
また、特別な技能として、バイリンガルのような人たちの通訳・翻訳業も、これに当たります。

そして、事業としての個人名と、経営としての事業体がほぼ同一であるとみなされる職種の事になります。
このなかで、クレジットカードを保有できない場合があるとしても、それは、軽軽基盤が弱いからという理由ではないのです。
そして、勿論、人間的な信用の意味ではありません。そして事業が傾いているからと言う差別的な意味合いでもありません。

それは、定例の月給や年収の滞りないインカムの保障性と、事業経営とかさなる生計の部分で、比較的デンジャラスな部分があるという意味で、あえて信用を付加しない事で、その生計を守ろうとするという意味合いも、信用調査の観点からするとあると言えるのです。
なので、会社員の人たちが、もらっているようなサービスでさえ、経営者は受ける事ができないという、不運にも感じられる状態は存在しています。
では、逆に考えて、個人経営であったとしても現金収入を確かに取り、その上で、クレジットカードラインに相応する、ライフスタイルを賄う事ができれば、はるかに会社員クラスよりもフリーなスタイルも可能とされます。






社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です