社交ダンスの先生の1日のスケジュール(流れ)!教室勤務とフリーとの違い!

 

教室勤務をしているダンスの先生。普通の1日はどんな感じなんでしょうか?
気になりませんか?

日曜日は競技会やパーティー。
昼間はレッスンをして、いつ練習をしているのでしょうか?

最近では、教室勤務している先生のほかに、フリーで活動している先生も増えてきました。

競技をメインにしている社交ダンスの先生は働きながら、練習を行っています。
思っているよりもハードな社交ダンスの先生の1日のスケジュールを紹介します!

スポンサードリンク

教室勤務の先生の1日のスケジュール

僕が教室勤務をしていた時の話をもとに作りました。

朝7時から8時に起きます。

プロの先生は朝の練習から始まります。
大体9時から10時からスタート。

場所は、教室が主です。

コーチャーにレッスンに行ったり、練習会などがある場合もあります。

教室の営業は13時からが多いです。

お客さんは早い人で30分前には来てしまいます。

12時30分にはスタンバイして、フロアを整えたり、音響の準備。
小銭の準備などを行います。

身だしなみも整えます。
営業までの間に昼食を食べます。

そこから、22時まで営業です。
個人レッスンをしたり、グループレッスンをしたり。

さらには、受付業務やお茶出し。
ポスターをつくったり。

デモストレーションの振り付けを考えたりしています。

僕が一番めんどかったのは予約表の作成。
線をひいたり、名前を書いたり。他の先生の分も作成するので大変でした。
心の中でパソコンで作っちゃえばいいのに・・・と思っていました。

基本は外出禁止です。

夕方に食事休憩として1時間は外出していいことになっていることが多いです。

僕は、自分の生徒さんがいないときは、控え室でYouTubeとか見ていました。
ただ、眠くてトイレで寝てたりもしてたことも。さすがにオーナーの前で寝てると怒られるので。
教室によっては、控え室では布団しいて寝てもOKというところもあったり、営業時間中に控え室に入ってはいけない。フロアでは立ってなければいけないなど、教室それぞれのルールがあったりします。

22時

営業が終わると、会計の締め作業をして、掃除をします。

その後、練習開始です。

23時か24時ぐらいまで。
レッスンがあったり、練習会などもあります。

プロの集まりの会議や、パーティーの練習などが入ってきたりもします。

練習後は帰ります。
お腹がすいたら食べて帰ったり、コンビニで弁当を買ったり。

家に帰って風呂に入って、シャワー浴びてあとは寝るだけです。
疲れて何にもする気がおきません。
次の日も早いですしね。

筆者の体験

僕の場合、だんだんだらけて、朝は寝坊、夜の練習はなし!
という日が増えてきました。(体力的にきつくて)

そうすると、なんとなく余裕が出てきて夜DVDみたりして夜更かしすることも。
こんなんだからうまくならないんですよね!(笑)

トッププロの人は休みもなく、留学にいきレッスン。練習会。
お客さんの数も多く、パーティーも多い。
比較にならないほど、忙しい。
これに耐えられる人がトッププロなんでしょうね!

僕はというと、1日のかなり時間が拘束されているのである程度のリフレッシュは必要でした!

だから夜更かしして寝坊ということに・・・

スポンサードリンク

 

フリーの先生の1日

朝は練習やレッスン。

ただ、営業の準備がないのが大きい。

教室には、自分の教える生徒さんのくる時間にあわせて、いくだけ!

2時だったら2時少し前に行くだけでいいです。
さらにそこから違う場所に移動したり。

22時まで仕事をすることも少なく、間に時間があったら練習にいったりマッサージにいったり。

時間にかなり余裕があります。

さらに、最近はダンスパブでアテンダントを務めるダンスの先生も多いです。
昼間の1時から5時までの4時間だけの労働でいいので、教室勤務よりは時間的拘束がないですね。

 

夜は、レッスンや練習。

生徒さんの集客や仕事の確保さえできれば、フリー活動のほうが1日のスケジュールは余裕があります。
身体的にも楽です。

筆者の体験

フリーで活動のほうが、楽で意外と収入面もこちらの方がよかったりします。

ただ、教室の看板がつかえないので、周りからの評判がよくなかったり、競技会で不利になったり。
その分、パーティーやレッスンにいって顔を売っていくしかありませんね!

最近では、フリーでの活動する先生が増えてきました。
以前では教室から出られないという規則でしたが、教室によっては、1日だけでていいとか、夜は自由に外出ていい。

といった就業体系になっているところもあります。
社会全体が働き方改革といっているので、社交ダンス全体の働き方も変わっていくのかもしれません。

社交ダンスのプロの収入はどれくらいある?収入源はこれだけある!

2017.07.01

 

まとめ

教室の先生の1日の流れを今回は紹介しました。

毎日朝から晩までやることが決まっており、拘束されています。
その分、他のジャンルのダンサーさんに比べたら安定して収入が得られるので生活面での不安はないでしょう!

ただ、結構ハードなので身体的にも精神的にも強くなければやっていけませんね!

スポンサードリンク

社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です