社交ダンスの先生が教えるシャドー練習の本当の意味と目的とは?

 

社交ダンスがうまくなりたい!と思う人は、シャドー練習をした方がいいでしょう!

シャドー練とは、本来男女のカップルで踊るわけですが、相手がいると想定して、1人で踊る練習の事です。

うまい人は、シャドー練を欠かしませんし、シャドーでしてもうまいし、綺麗です。

デモストレーションや競技会、ダンス上達のためにはシャドー練習をしっかり行いましょう!

よく女性で男性がしっかりリードしてくれれば踊れるという人がいます。
先生とだったら踊れる。

それで喧嘩になります。

社交ダンスは一人がうまくなってもダメです。
リード&フォローを2人で行うことで社交ダンスは成り立つもの。
他力本願ではよくありません。

男女ともにシャドー練習をしましょう!

自分が踊れれば問題なんておこらないと思います。

今回は、シャドー練習の目的とやり方を紹介します。

スポンサードリンク

シャドー練習の目的

シャドー練は、野球のピッチャーやボクシングの練習で行いますよね。
フォームのチェックや相手を想定して、動きのチェックを行います。

社交ダンスにおいての社交ダンスのシャドー練も同様です。

1人でただ音楽に合わせて、好きなように踊るのがシャドー練ではありません。

1つ1つチェックしながら練習しましょう!

 

チェック項目

  • 立ち方
  • タイミング
  • 方向
  • バランス
  • ムーブメント

 

 

立ち方

自分の足にしっかり立てているか?
背骨は立っているのか?

動き出したら、ふらふらしないのか?

鏡を見ながら、チェックしていきましょう!

1人で立てないようだと、2人で踊っても同様です。
相手に負担がかかっていると思った方がいいです。

 

タイミング

結構自分の踊っているステップのタイミングを知らない人がいます。

「このタイミングは?」
と聞くと、「うーん」と悩む人がいます。

これは、女性だけでなく、男性にも言えること。

さらに、自分だけでなく、相手のタイミングも確認しておきましょう!
男女でタイミングが異なるステップがあります。

相手のことを理解することで、2人で練習するときに効率よく踊ることができます。

方向

自分が踊るステップの方向を確認しましょう!

どこに向かって進むのか?
回転量は?
つま先とボディーの方向は合っているのか?

バリエーションで理解できないなら、ベーシックに戻って理解しましょう。

ベーシックでも回転慮や方向を理解していないで曖昧な人がいます。
方向や回転量は力で何とかなるものではないです。

正しい方向や回転量を理解し、1人で練習しましょう!

 

バランス

「ダンスはバランス!」

僕の師匠がいつも言うことです。
バランスをいかに使って、音楽を表現するかです。

バランスを崩れている人のダンスはダンスといえません。

立ち方と同様に、ステップをしてもバランスが崩れないように保ちましょう!
1人で踊ると相手がいないので床に対してのバランスだけ意識すればいいのですが、
それでもバランスを崩れるところはあります。

バランス能力が欠如しているのであれば、トレーニングを行い。
方向が間違いって崩れているのなら、勉強して治しましょう!

 

 

ムーブメント

社交ダンスは足を動かすだけではないです。

 

スイングやヒップムーブメント、レッグスイング
などを行わなければいけません。

スイングが起きていないダンサーさんをよく見かけます。
バランスがよくないとできないものです。

バランスを保ち、スイングを行いましょう!

スポンサードリンク

 

シャドー練習の効果とは?

お互いがバランスよく動くことで、相手に対しの負担が減ります。
けんかが減ることでしょう!

体に対しても無理が少なくなるので、疲労も減ります。

なによりも、踊りに説得力がでるのではないでしょうか?

何がしたいのか?どう表現しているのか?が見ている人に伝わると思います。

ただ単に音楽に合わせているだけでなく、
自分たちのダンスの練習や理解量がダンスに表れてくることでしょう!

 

まとめ

シャドー練習について今回は、紹介しました。

僕がダンスを始めたころは、ずっとシャドー練をしてました。
プロになってからも空いたらシャドー練を行ってました。

途中から気づきました。この練習には意味がないと。
自己満足の世界に入っていただけでした。
これだけシャドー練をしたからうまくなっているはず!と思っていました。

気づいたことは、シャドー練は、2人で練習するときにはできないことを意識することが大切だということ。
ただ単に筋トレのようなシャドー練をしていました。

今回話したチェック項目を1つ1つ理解し、実践していくことが社交ダンスの上達の近道だということです。

スポンサードリンク

 

社交ダンスのリズム練習法!~誰でも簡単に踊れるようになる~


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、1日10分の自宅練習でどこに行っても恥ずかしくないレベルに達することができるようになります。

ほとんどの指導者がすっ飛ばしてしまっている、本当は一番最初に身につけなくてはならない社交ダンスの秘密を伝授します。

    社交ダンスを始めたい!
    始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です