コンサルタント受けてみた!ダンススクール集客のコツ!




先日、スタジオ集客のためのコンサルタントを受けてみました。

店の状況、周りの状況などの
アンケートにこたえて、コンサルタントをしてくれました。

 

内容は、もちろん今までやらなければいけないと思っていたことばかり。
ただ、めんどくさくてやらなくてもいいか・・というものでした。

昔でしたら、「口コミ!」は勝手に誰かがやってくれるものでしたが、
今は、自分から口コミを広めていく時代。

それをどうやっていくかが鍵です。

 

コンサルタントを受けて自分がどうやって集客していくか考えてみました。

スポンサードリンク

ダンススクール集客方法

大事なのは、自分のスタジオが認知されることです!

 

集客方法としては、
・ブログ
・Twitterやインスタ
・フェイスブック

などがあげられると思います。

ブログをやっている先生も多いと思いますが、集客にどれだけ貢献しているか不明。

HPを作り、それがちゃんと検索されると上位に来るかが大事。
そのためにもブログやTwitter、インスタは必要です。

なので自分のHPは絶対に必要です!

 

ただ、HPを作っても中々検索上位表示されない
他の検索ワードでは上位表示されない。

そんなときは、PPC広告を出す!

広告費としてお金を使います。

PPCとは検索されたときに上に表示されるテキスト広告です。

 

ヤフーであれば、ヤフープロモーション
グーグルであれば、グーグルアドワーズ

設定が簡単なヤフープロモーションから始めてもいいかもしれません。

 

ダンススクールでヤフーなどに広告を出している人が少ないため、少ない金額で済みます。
(入札制)

1か月で1万もかかりません。雑誌などに出すのに比べたら安いですね。

 

好きなワードで一番上にもっていくことが可能なのです。

 

「ダンススクール + 地域名」
「ダンススクール + レッスン」
など

どれくらいボタンをクリックされたかもわかります。
クリックが少ない場合は、検索需要が少ないので、もう少し、大きめの地域に広げてもいいかもしれません。

もう一つは、フェイスブック広告です。

こちらも少ない金額で広告が出すことができます。

ターゲットを絞ることができるので、年代や地域に合わせて広告を配信できます。
最近では、フェイスブックをしている方が少なくなったといわれていますが、認知度を広げるのには最適な広告媒体です。

スポンサードリンク

実際やってみた

ヤフープロモーションやフェイスブックなどの広告をしてみました。

フェイスブックの広告はいいですね。
かなり配信され、シェアしてくれて広告の価値があります。

ヤフープロモーションはまだ反応が薄い。

なぜか??

中々ダンススクールを検索する人というのが少ないからだと思います。

これからの戦略としては口コミやフェイスブックで広告し、HPは受け皿として行く形になっていくと思います。

そのためにも、PPCを使い検索の一番上にもっていっておくことが重要かな。

ダンススクールの検索する人の需要が少ないためすぐに効果が出ないというのは当然です。
そこでやめていくのではなく、
どんな検索するのか、ターゲットを絞るのか、広げるのか、地域を広げるか絞るのか
など検証しながらやっていこうと思います。

スポンサードリンク




社交ダンスのリズム練習法!


誰でも簡単に踊れるようになる


社交ダンスに興味はあるけど全くの素人でも、
1日10分の自宅練習で
どこに行っても恥ずかしくないレベルに
達することができるようになります。

ほとんどの指導者が教えない
すっぽ飛ばしている
本当は一番最初に身につけなくてはならない
社交ダンスの秘密を伝授します。

    • 社交ダンスを始めたい!
    • 始めたけど難しさを感じている人!
    ペアの練習でぎくしゃくしている人!

そんな方にはおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です